ホーム>コラム一覧>日本酒の正しい保管方法についてご紹介

日本酒の正しい保管方法についてご紹介

日本酒の正しい保管方法についてご紹介

「お酒は傷みにくいからどこに保管しても大丈夫」と思っていませんか?

確かに、ウイスキーや焼酎といった蒸留酒は、未開封であれば劣化しにくいお酒ではありますが、醸造酒である日本酒は多くの成分が含まれているため、品質が変わりやすい特徴を持っています。

では、日本酒のおいしさを維持するためには、どのような点に気をつけて保管すれば良いのでしょうか。

日本酒の正しい保管方法

日本酒の正しい保管方法

日本酒を保管する際の重要ポイントは、光(紫外線や照明)を避け、低温保存することです。日本酒は光に弱いため、直射日光や蛍光灯などの光に長時間当てると、変色する可能性があります。新聞紙に包んで化粧箱に入れるなどして、光を当てないようにして保管しましょう。

日本酒の種類によっても異なりますが、冷蔵庫や冷暗所などで低温保存すると、月日が経つにつれて味がまろやかになります。低温かつ湿度の低い冷蔵管理をすることが日本酒のおいしさを保つ最大の秘訣です。

また、日本酒は空気に触れることで酸化が進み、品質や風味が低下してしまいます。日本酒に限らずですが、開封後は早めに飲み切るようにしてください。特に火入れを行っていない生酒の場合は、より早く飲み切るのが望ましいです。

日本酒は冷暗所や冷蔵庫での保管が最適ですが、万が一保管方法に失敗しても心配ありません。未開封であればほとんどの場合、すぐに傷むことはないでしょう。風味が落ちたり、変色したりしている場合は、料理酒にすれば最後の一滴まで活用できます。

新潟の日本酒「雪中梅」をお探しなら~大吟醸・純米吟醸酒・本醸造など種類豊富にご用意~

新潟の日本酒「雪中梅」をお探しなら~大吟醸・純米吟醸酒・本醸造など種類豊富にご用意~

新潟の日本酒「雪中梅」をお探しでしたら、新潟の地酒専門店いけのり酒店でお求めください。大吟醸・純米吟醸酒・本醸造など、様々なタイプの雪中梅をご用意しています。

甘い口当たりと柔らかい酸味が融合した純米吟醸酒、魚料理に合う特別純米酒、酒米「五百万石」と「こしいぶき」を使用した普通酒など、種類は様々です。お好みや料理に合わせてお選びいただけます。新潟の日本酒を代表する雪中梅を購入する際は、ぜひいけのり酒店をご利用ください。

日本酒の風味や香り、品質を左右する要素の一つが保管方法です。日本酒は未開封であれば、傷むことはほとんどありません。ただし、光や空気の接触、温度変化を嫌うため、風通しの良い冷暗所や冷蔵庫などに保管することをおすすめします。また、開封後は風味が飛びやすくなりますので、できるだけ早めに飲み切るようにしましょう。

新潟の雪中梅を購入するならいけのり酒店へ

店舗名 いけのり酒店
住所 〒951-8066 新潟県新潟市中央区東堀前通10番町1781
TEL 025-222-6768
FAX 025-224-8127
E-MAIL info@sake-ikenori.com
営業時間 8:00~19:30
定休日 日曜祝祭日定休
URL https://www.sake-ikenori.com/