ホーム>コラム一覧>日本酒の味わいや呼び方は温度によって変わる!?

日本酒の味わいや呼び方は温度によって変わる!?

日本酒の味わいや呼び方は温度によって変わる!?

熱燗や冷酒、常温など、日本酒は幅広い飲み方で楽しめるお酒です。温度によって味わいや呼び方も変わります。その日の気分や料理、季節によって日本酒の飲み方を選んでみてはいかがでしょうか。

熱燗

熱燗

一口に熱燗と言っても、温度によって味わいや呼び方が変わります。例えば、30度くらいの日向燗(ひなたかん)、35度近辺の人肌燗(ひとはだかん)、40度前後のぬる燗、45度くらいの上燗(じょうかん)、50度前後の熱燗など様々です。日本酒に含まれるアミノ酸や乳酸といった成分は、熱燗にすることでコクや旨みが増します。

ただし、どんな日本酒でも火傷するくらいの熱過ぎる温度はあまりおすすめできません。せっかくの風味や香りが十分味わえない可能性があるからです。

日本酒の種類は多数ありますが、特にぬる燗におすすめなのが大吟醸酒・吟醸酒、熱燗には普通酒である佳撰や、本醸造酒が適しています。

冷酒

冷酒

冷酒にも温度によって様々な呼び方があります。例えば、5度くらいの冷酒は雪冷え(ゆきひえ)、10度前後は花冷え(はなひえ)、15度近辺は涼冷え(すずひえ)です。

冷酒を楽しむのなら、みずみずしくまろやかな生酒や口当たりが爽やかな純米酒がおすすめです。また、冷酒器も冷やしておくと、よりおいしく冷酒を楽しめます。

常温

日本酒好きの中には常温を好む方も少なくありません。常温とは、冷たくもぬるくもない15~20℃くらいのものを指します。常温はごまかしのない日本酒本来の味が最も感じられるため、日本酒のおいしさを見極めたいこだわりのある方に多く好まれるようです。

新潟の地酒を楽しみたい方は、いけのり酒店の豊富なラインナップからお選びください。八海山・久保田・越州・麒麟山など、新潟の地酒を豊富に取り揃えています。すっきりとした口当たりのもの、上品な香りと後味のキレが良いものなど、持ち味も様々です。

寒い日はもちろん、暑い日にも楽しめる日本酒。季節や料理に合わせて、熱燗・冷酒・常温など色々な飲み方で新潟の地酒を飲み比べみてはいかがでしょうか。

地酒専門店をお探しなら新潟のいけのり酒店へ

店舗名 いけのり酒店
住所 〒951-8066 新潟県新潟市中央区東堀前通10番町1781
TEL 025-222-6768
FAX 025-224-8127
E-MAIL info@sake-ikenori.com
営業時間 8:00~19:30
定休日 日曜祝祭日定休
URL https://www.sake-ikenori.com/