ホーム>越後の地酒屋ブログ

越後の地酒屋ブログ

新潟の酒蔵XAMJ(アートミックスジャパン)

皆様こんにちは。

ゴールデンウィークも昨日で終わりましたがいかがお過ごしになられましたか?

新潟市では5月7、8日に日本の伝統芸術を気軽に楽しめる祭典として、今回4回目になるAMJ(アートミックスジャパン)が開催されましたが、私は最終日の8日に「りゅーとぴあ会場」に出かけてきました。

この日は天候も良く、散歩がてら歩いて会場へ。

今年初の試みでのコラボ企画「新潟の酒蔵×AMJ」が行われており、そちらへ参加。

越乃寒梅、八海山、麒麟山などを始め11の蔵元が出店し、公演の合間にお薦めの地酒を楽しめるというもの。

会場では和太鼓の演奏が行われており、早速チケットを購入し地酒を飲みながら堪能。

途中、総合司会のセイン・カミユさんが和服で来場!新潟の地酒を楽しんでいました。

チケットは12枚綴り、1枚でお猪口1盃、酒の肴、和らぎ水等と交換。

チケット一組で妻と二人、十分に楽しめました。

今年は思いつきで出かけてきたので肝心のAMJの公演を楽しめませんでしたが、来年は講演を楽しんだ後、この企画に参加で決まりですね。

皆さんも来年、AMJに出かけてみてはいかがでしょうか。

20165920628.JPG

 

20165920648.JPG

 

2016592078.JPG

和太鼓のパフォーマンス

 

2016592089.JPG

ボイパを交えた妖艶な舞

20165920919.JPG

左から麒麟山の漆原さん、県酒販の渡辺さん、私、北雪の杉本さん

201659201045.JPG

セインカミユさんを交え、八海山当店営業担当の高野さん、妻との記念撮影

 

 

 

 

期間限定商品「〆張鶴吟醸生貯蔵酒」入荷

2016429211259.jpg

GW初日、新潟市は気温もあまり高くならず今一つの天気でした。

ですが、この頃から暖かい日も多くなりそろそろキリッと冷やした冷酒が美味しい季節になりますね。

そんな折、期間限定販売の〆張鶴吟醸生貯蔵酒が入荷しました。

村上市、宮尾酒造の4月から7月までの蔵元限定出荷のお酒です。

高級酒用の酒米「山田錦」を100%使い、50%精白で醸した吟醸生貯蔵酒。

清涼感あるほのかな吟醸香となめらかな口当たりの、つめたく冷やしておいしい飲みきりサイズ300mlのお酒。

今年も美味に仕上がっています。

 

商品紹介ページはこちら

 

季節限定商品 〆張鶴の梅酒、入荷しました。

2016416152139.JPG

 本日、村上の地酒「〆張鶴」の宮尾酒造から、季節限定商品「〆張鶴の梅酒」が入荷しました。

厳選された群馬県産白加賀梅を、梅酒専用にブレンドした〆張鶴の原酒で丁寧に仕込んだ少量生産の特別な梅酒です。

白加賀梅の爽やかな酸味とほんのりとした甘さの、上品できれいな味わいをお楽しみください。

 

商品ページはこちら

 

「〆張鶴」宮尾酒造酒蔵見学

 今日は新潟県村上市の地酒「〆張鶴」の宮尾酒造様を訪問し、酒造り見学をさせて頂きました。

創業1819年、社長の宮尾佳明さんは11代当主となる歴史ある蔵元です。

今日の見学は、〆張鶴を納品させて頂いている私の同級生でもあり飲食店のお得意様「喜ぐち」さんと2人で行く予定でしたが、昨晩家族に酒造り見学の話をしたところ今年成人に成りたての長女が「私も見学に行きたい!」と言いだしたので急遽一緒に行くことに…

当店からは日本海東北道を車で走り1時間程で蔵元へ到着。

営業の髙橋さんと、社長にご案内いただき酒造りの見学へ。

酒蔵の入り口は町屋造りでがっしりとした梁が趣きを感じさせます。

仕込みタンクでは〆張鶴の純米吟醸酒「純」の仕込まれた醪を見せて頂き、発行中の醪が沸々と湧いている中、リンゴのような爽やかな香りが漂っていました。

酒蔵での印象は仕込みタンクの発酵温度などは精密な機械制御に、しかし蒸米は昔ながらの甑を使い、そして一度の仕込み量も丁寧な管理が行き届く少量仕込みで行う、手造りと品質管理を大切にした酒造りをされている蔵元と感じました。

そして旨い酒が生まれるのは実直な酒造りがあってこそと再確認させて頂けた酒蔵見学になりました。

本日は宮尾酒造の社長様、髙橋さんにはご案内いただきありがとうございました。

 

また、今月は〆張鶴の季節限定商品「〆張鶴の梅酒」と「〆張鶴吟醸生貯蔵酒」が入荷します。

入荷次第お知らせいたしますので皆様お楽しみに。

201647222717.JPG

 

20164722280.JPG

 

201647222843.JPG

 

 

待ち遠しい開花と「越州 桜日和」

201632818361.JPG

 先日から青空が広がり春らしいsun日差しに包まれています。まだ少し気温は低いですが、今週から徐々に気温も上がっていくようですね。

今年初めて店内ディスプレーに購入したMASUMOSSの旭山桜。

本日、一輪開花しました!happy01

開花宣言は5~6輪といいますが、当店の場合もう2~3輪咲いたら店内の開花宣言といったところでしょうか。

新潟市の開花予想は4月5日とのこと。当店から近い信濃川沿い「やすらぎ堤」の桜のつぼみも大きくなり始めました。開花が待ち遠しい限りです。

 

桜の木の下で楽しんで頂きたいお酒、「越州 桜日和」

上品な香気とスッキリとした爽やかな味わい。

ラベルも桜をイメージして、楮和紙に食紅を織り交ぜ染めています。

春の陽気と桜の花に最も合う吟醸酒。

期間限定で2月から蔵元出荷になっていますが、3月蔵出荷分も只今好評発売中です。

 

商品紹介ページはこちら。

 

行ってきました2016「にいがた酒の陣」

 昨日13日、行って来ました「にいがた酒の陣」

今年の来場者数は1日目の12日は717,512人、2日目13日は50,900人、計122,652人となり、昨年より2600人ほど多くの新潟地酒ファンからご来場いただきました。

ここ数年、混雑緩和策が課題でしたが、今年からブースのレイアウトを大きく変更し、着席での飲食ブースを会場に隣接した屋外に設置。それにより蔵元ブースが会場をフルに活用して設置されたためブース間が広くなり、来場者数は増えても会場内の混雑感が緩和された感じでした。

来場集中時は入場するまで時間はかかりますが、入場後の試飲は例年よりもスムーズに行えたと思います。

今年の出品酒は、各蔵元季節商品も多い中、原酒、にごり系が目立ちました。また、発酵由来のガス分を含むようなお酒や、ワイン酵母で仕込んだ酒等、趣向を凝らした酒もあり地酒を楽しむ裾野が広くなってきていると感じました。

ただ、その中でも酒米にこだわり、製法にこだわり、実直な酒造りをしたお酒はうなずかされるものがあります。

新潟地酒の正道はやはり実直な酒造りから伺える品質の良さ。

会場で私の後ろから聞こえた会話、

「オレ、越乃寒梅を飲んでから日本酒もイメージ変わって酒好きになったんだよな」

この声を聞いてやはり良酒との出会いが地酒ファン増やしてゆくのだと再確認。

これからも益々新潟地酒を、自信を持ってアピールして行きたいと思わせてくれた一日でした。

201631420551.JPG

入場ゲート前の行列

201631420644.JPG

会場内、越乃寒梅ブース前

201631420715.JPG

飲食ブースで酒仲間たちとカンパイ

 

雪中梅純米酒、入荷しました。

201631011215.JPG

 新潟地酒のビッグイベント、「にいがた酒の陣」もいよいよ今週末となりました。

ここ数日寒さが戻り気温の低い日が続いていますが、当日はまた熱気ムンムンに盛り上がることでしょう。

 

本日、雪中梅の期間限定入荷商品、「雪中梅純米酒」が入荷しました。

この商品は春先の3月4月と秋口の9月10月に限定出荷となる商品で、この度の春入荷分は本年度出来立ての新酒純米です。

この商品のコンセプトで春先と秋口での貯蔵による熟成の変化が楽しめることが特徴。

秋口の「雪中梅純米酒」の落ち着いた味わいと比べ、新酒ならではのフレッシュな味わいが楽しめます。

また、この商品は「にいがた酒の陣」の雪中梅ブースでも試飲ができます。

お燗酒の試飲もできると思いますので是非ご来場ください。

1.8L ¥3,024(税込)  720ml ¥1,512(税込)

商品ページはこちら。

 

来月はいよいよ「にいがた酒の陣」

 少し暖かい日になったかと思うとまた寒さがぶり返し、今日も雪が降ったりやんだりの一日です。

でも来月はもう3月。心地よい気候が多くなることでしょう。

そして3月と言えば毎年恒例の新潟市でのビッグイベント、bottle「にいがた酒の陣」の開催です!

今年は3月12日、13日の二日間。県外からの来場者も多く混み合いますが、これだけの新潟県内酒蔵が一同に集まり、500種類もの中から試飲が楽しめるイベントはありません。

また、今年は午後3時以降から入場できるアフター3チケット(¥1,500)が登場。

この時間からであれば入場までの待ち時間も少ないことでしょう。

(土曜は18時まで、日曜は17時までの開催)

また、土曜よりも日曜の方が混雑は若干緩和しています。

そして日曜日限定で酒の陣オリジナル特別酒が販売されるとのこと。

枡入り一杯500円、販売時間は11:00~と15:00~。

今年もみんなで「にいがた酒の陣」を楽しみましょう!

 

当店でも只今前売り券¥2,000を販売中!(当日¥2,500)

201622617570.JPG2016226175632.jpg
2016226175549.jpg

 

春の吟醸酒、「越州 桜日和」と旭山桜

 来月になると、もう桃の節句ひな祭り。

当店もかわいい豆雛の七段飾りをしました。

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ春の季節に近づいていますね。

そんな中、春の便りが届きました。

春のお酒、「越州 桜日和」の入荷です。

春の爽やかなイメージを連想させる、華やかな香りとすっきりとしたほのかな甘さが特徴の吟醸酒です。

そして今年は盆栽でGOOD DESIGN賞受賞のMASUMOSSの旭山桜を店内ディスプレーに。

新潟市秋葉区で生産される園芸植物と苔と木枡を組み合わせたグリーンインテリア。

店内で春の訪れとともに開花していくのが楽しみです。

201621718514.JPG

豆雛の七段飾り

201621718551.JPG

MUSUMOSSの旭山桜

ここに満開になるのが楽しみです。

201621718623.JPG

越州桜日和とMUSUMOSUの旭山桜

 

〆張鶴の季節限定商品、「〆張鶴吟醸生酒」入荷しました!

2016129171744.jpg

お待たせしました!

宮尾酒造の季節限定商品「〆張鶴吟醸生酒」が入荷しました。

11月に入荷した「〆張鶴しぼりたて原酒」は普通酒の新酒しぼりたてですが、こちらは吟醸酒の新酒しぼりたてになります。

出来立てのフレッシュな香味、吟醸の華やかな香りとふくよかな味わいをお楽しみいただけます。

お好みによりロックにしても美味しいです。

村上の地酒、〆張鶴の旬のお酒を是非お楽しみください。

 

商品ページはこちら