ホーム>越後の地酒屋ブログ

越後の地酒屋ブログ

新発売!〆張鶴吟醸生貯蔵酒1.8L

2018421172943.JPG

 今日の新潟市は好天に恵まれ、季節外れのように気温もぐんぐん上がりました。

全国的にも夏日になるところが多かったようです。

このぐらいの気候になると生酒等、キリッと冷やした冷酒のお酒がおいしくなりますね。

さて、今年も期間限定出荷商品の〆張鶴吟醸生貯蔵酒が入荷しました。

酒米「山田錦」を大吟醸並の50%精白で造った吟醸生貯蔵酒。

ほのかな吟醸の香りとなめらかな口当たりはこれからの季節に味わうにはピッタリのお酒です!

是非、今年の〆張鶴吟醸生貯蔵酒の味わいをお楽しみください。

また、今年より1.8Lが発売になりました。

1.8Lは初回瓶詰め限定でのため、売れ切れ次第終了となりますのでよろしくお願いいたします。

300mlの商品紹介ページはこちら

1.8Lの商品紹介ページはこちら

 

 

お花見には、「越州 桜日和」

201842144727.png

 関東より南の方では桜も満開を過ぎ、お花見でにぎわう様子がテレビなどで見うけられました。

今年は桜が開花してから安定した天候が続き、花見も長く楽しめたようですね。

そして桜前線はこれから北上して行き、新潟市の信濃川沿い「やすらぎ堤」の桜の蕾も大きくなり始めています。

今年の開花は例年よりも少し早まりそうとのこと。

新潟市の桜も、あと数日で開花するのではないでしょうか。

気温も徐々に暖かくなり始めています。折角なので、花見酒にぴったりのお酒を持って花見に出かけませんか?

「越州 桜日和」

桜の花を連想するような優しく華やかな香りと、ほのかに甘くふくらみある味わいとスッキリした飲み心地の吟醸酒。

アルコール度数も少し低めの13度なので、アウトドアでもピッタリ!

やさしい口当たりをお楽しみいただけます。

是非、桜の木の下でこの「越州 桜日和」をお楽しみください。

商品紹介ページはコチラ

 

 

限定醸造、鶴齢 純米酒山田錦65%精米生原酒

201838161522.jpg

 もうすぐ、新潟県最大級の地酒イベント「にいがた酒の陣」が開催されます。

昨年も来場者記録を更新し、2日間で約13万人の県内外の新潟清酒ファンが集いました。

今年も3月10、11日の2日間で開催されます。県内の約500種類以上のお酒を前売り券2,000円で試飲できます!是非皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか。

 さて、雪深い塩沢の酒蔵「青木酒造」が醸す鶴齢の季節限定醸造酒、純米酒山田錦65%精米生原酒が入荷しました。

活性炭濾過をしない無濾過生原酒のため、酒米「山田錦」の特徴がしっかりと表現されています。味わい深くコクのある旨味を持ちつつ、新酒らしいフレッシュで爽快な香りと口当たり、そして心地よい酸が後味を引き締めているキレのよいお酒です。

また生原酒ですが、アルコール度数をあまり感じさせないお酒に仕上がっています。季節限定の味わいを是非お楽しみください!

このお酒、当店で試飲も出来ますが、ひょっとすると「にいがた酒の陣」の鶴齢ブースでもできるかも??

商品紹介ページはコチラ

 

新発売! 青いぽたり、ぽたりきりんざん越淡麗バージョン入荷!

20182716206.jpgのサムネイル画像

 毎年12月と2月の2回に分けて仕込み出荷される人気の限定酒、しぼりたて純米吟醸生原酒「ぽたりぽたりきりんざん」

麒麟山酒蔵の社員みずから地元阿賀町産の酒米「五百万石」を刈取り造られる、思いのこもったお酒です。

ですがこの度入荷しました2月出荷分の「ぽたりぽたりきりんざん」は酒米を阿賀町産「越淡麗」100%で仕込まれました。

「越淡麗」は山田錦と五百万石を掛け合わせて新潟県が約16年の歳月をかけて誕生した酒米。

主に大吟醸や鑑評会出品酒等の高級酒に使用される酒米になり、全国的にも高く評価されています。

五百万石とは異なる越淡麗らしい豊かな旨みとやわらかな甘み、穏やかな含み香が特徴に仕上がっています。

今年初めての味わいを是非お楽しみください!

商品紹介ページはこちら

 

季節限定「〆張鶴純米吟醸生原酒」入荷しました!

2018131183510.jpg

全国的にまだまだ厳しい寒さが続きますがいかがお過ごしでしょうか?

首都圏では積雪で人々の足が奪われ、各地でも低温による水道凍結なども多く報道されました。被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

しかしながら寒造りと言われる新潟の酒造りは、特にこの厳寒期を利用して1月頃には吟醸酒等の高級酒が仕込まれます。

手間暇かけ長期低温発酵で仕込まれる酒造りはこの安定した寒さが不可欠になるのです。

そんな季節に仕込まれ、搾られたばかりの純米吟醸のしぼりたて生原酒が入荷しました。

〆張鶴純米吟醸生原酒。

程よい吟醸香と新酒生酒のフレッシュな香り、口当たりは酒蔵のふな口から出てくるしぼりたてのお酒を彷彿とさせる独特の爽やかさの後に、お米のうま味を感じとれるお酒です。

今季しぼりたての味わいを是非お楽しみください!

720ml 税込価格1,944円

商品紹介ページはこちら

 

最強寒波も一段落、飲み干せ!鶴齢雪男

201811715510.JPG

 最強寒波も通り過ぎ、ひとまず大雪も一段落でしょうか。

全国を覆い尽くすようなこの寒波により、新潟市内当店の中央区も今シーズン一番、そして数年ぶりの大雪になりました。

また、山間部や特に降雪量の多かった地域の方にはお見舞い申し上げます。

毎日の雪かき作業でクタクタになってしまいますよね。

そんな疲れた体には、仕事終わりの一杯の地酒が心を癒してくれます。

この寒さや大雪に負けずに、雪男を飲み干してやってはいかがでしょうか?

アルコール11度と低アルコールで発酵によるガスを含み、シュワシュワ感いっぱいのお酒。

480mlの飲み切り可能なサイズです!

◎鶴齢雪男発泡にごり純米酒 480ml  税込1,200円

 

やはり一升瓶がいい!という方にはコチラ

発泡性ではありませんが、すっきり辛口純米酒

◎鶴齢 雪男純米酒 1.8L 税込2,700円

 

熱燗好みの方にはコチラ 普通酒辛口

◎鶴齢 雪男辛口清酒 1.8L 税込1,944円

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

201813163034.JPG

 明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。

今日でお正月3日目。皆様はいかがお過ごしでしたか?

私は元旦から3日間お正月休みさせて頂き、大晦日の夜中は地元の白山神社へ家族で毎年恒例の二年参りへ。

元旦は雑煮や御餅を食べたりしてお昼過ぎまでゆっくりとし、夕方から妻の実家で正月料理とお酒を楽しみ一泊。

2日は12月中まったく行けなかったスポーツジムで汗を流し、その後娘達と映画館「スターウォーズ最後のジェダイ」を見に。

3日の今日は明日の仕事始めの準備を終え、趣味のレコード盤が少しずつ増え収納に困ったのでホームセンターで板材を買い、これから自作に入ろうと思います。

さて、当店は明日4日から実店舗及び、通販の仕事始めをさせて頂きます。

今年も新潟の美味しい地酒、そして地酒を通した楽しさをお伝えして参りたいと思っております。

昨年同様、皆様本年も変わらぬご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 

ぽたりぽたりきりんざん

20171211194940.jpg

  蔵本のある地元産の米を原料として、その土地に影響を受けた水をたっぷりと使い、その土地の気候、その土地の蔵人によって造られる酒。そしてその土地の人たちが日々の生活の一部として慣れ親しみ飲んで頂ける酒でありたい。

麒麟山酒造の地酒蔵としてのこだわりの思いがあります。

今年も麒麟山酒蔵から新酒しぼりたて生酒「ぽたりぽたりきりんざん」が入荷し、好評発売中です!

毎年、麒麟山酒蔵の社員総出で酒米「五百万石」の稲刈りをして、思いを込められて醸される純米吟醸しぼりたて生原酒です。

今年の出来栄えを是非味わってみていただきたい逸品です。

 

商品紹介ページはこちら

 

八海山新酒しぼりたて純米吟醸生原酒「越後で候赤ラベル」入荷!

2017124182241.jpgのサムネイル画像

いよいよ師走に入り今年も最後の月となりました。

一年を通して一番慌ただしさを感じる今月でもありますね。

今年の秋は短く感じ、寒さの訪れも早かったように思います。

予報でも例年に比べて雪も多いようで、寒さも厳しい冬になるのでしょうか…

新潟県の酒造りは寒造りといわれ、この気温が低くなる時期から本格化してきます。

造りたての新酒も多くなる頃です。

八海山からは、新酒しぼりたて生の「越後て候青ラベル」が先月入荷しましたが、今月に入り「越後で候赤ラベル」が入荷しました!

長期低温発酵で丁寧に仕込まれた純米吟醸の新酒、しぼりたて生原酒です。

新酒しぼりたての特徴、フレッシュで荒々しい中にも純米ならではの旨味と柔らかさを感じるお酒です。

アルコール度数も原酒では控えめの17度。

度数の強さを感じさせない洗練された味わいをこの時期に是非お楽しみください!

商品紹介ページはこちら

 

 

今夜の晩酌日記「八海山純米吟醸雪室貯蔵三年」編

早いもので今年も11月最後の日となりました。いよいよ明日から師走です。

さて、月末仕事も終わりこれから晩酌タイム。

今晩の晩酌はコレ

2017113011362.jpg

「八海山純米吟醸雪室貯蔵三年」

八海山が清酒の熟成のために建造した「雪室」

「雪室」は冬に降り積もった雪を倉庫に囲い、年間を通し3度前後という低温多湿な環境が安定的に保たれ、天然の冷蔵庫の役割をします。

このお酒は雪室貯蔵用として特別に仕込んだ純米吟醸を八海山雪室の専用タンクで三年間熟成させた製品です。

それでは味わってみましょう!

香りは洋梨系の上立香を感じますが、熟成により落ち着いた香りなので華やか過ぎず心地いい香りです。

口当たりは全体的にガッツリくる力強い味わいですが、ほのかな甘さが調和をもたらしています。

2017113017146.jpg

アルコール度数17度、原酒なので味わいはしっかりとしています。

なので氷を入れてロックでも試しましたが酒質も確かなので味も崩れずウマイ!

アルコールが強いと感じる人はロックで飲むと優しくなりオススメですね。

20171130171741.jpg

さて、今日の酒のアテはブリの照り焼き。

脂の乗ったブリと濃い醤油の味付けは、この力強い酒とのマッチングはバッチリですねぇ〜

照り焼きの濃い味付けに負けず、調和をもたらします!

これは今晩も酒が進むかもしれない(^^)