ホーム>越後の地酒屋ブログ>2021年6月

※【ご注意ください】クレジット決済をご利用のお客様へ※

2021年6月

テイスティングレポート「田友特別純米生原酒」

202162917465.JPG

 先週「田友」の季節限定出荷商品として入荷したばかりの特別純米生原酒。

今晩はこのお酒をテイスティングレポートしてみたいと思います。

田友は新潟県小千谷市の酒蔵、高の井酒造さんの限定流通の地酒です。

通年では特別純米酒と純米吟醸酒の2種類ですが6月は季節限定でこのお酒が入荷します。

今年はラベルデザインを一新!小千谷の田園風景を絵画にしたようなほのぼのとしたラベルになりました。

地元の小千谷で栽培した酒米「越淡麗」で造ることにこだわった田友。そしてこの生原酒はモロミを搾る工程で一番いい部分の中汲みだけを採取!亀口取りの生原酒のように少しガス感をまとう出来立てのお酒を感じさせる商品です。

酒蔵さんの話では、上槽後は亀口取りではなく通常のお酒と同じようにタンクに移してから瓶詰めされるようですが、搾りたてのガス感を残すように工夫して瓶詰めしているとのことです。

さすが、こだわっていますね!

それではティスティングしてみましょう。

まず、開栓するとやはりシュッという少しガスを纏う感覚があります。

香りは出来立ての生酒らしく甘さと、ほのかに柑橘系のような感覚が調和していてフレッシュさを感じさせます。

口当たりは甘みとほのかに出来立てのガス感を伴っているので、味わい深くインパクトあるタイプですが、爽やかで後味のキレも良い生原酒です。

また、アルコール度数も原酒にしては少し控えめの16度。そのため旨味は十分に感じながらも口当たりはマイルドです。

普段の冷酒よりも一段とよ~く冷やして飲むほうがこのお酒の良さが引き立ちますね。

ナスの味噌炒め、夏野菜のチーズ焼き、アヒージョなど少し味付けの濃い料理との相性がよさそうです。

皆さんにもこれからの季節、冷た~くして是非ともお楽しみいただきたい1本です!

1.8L 3,300円  720ml 1,650円

商品購入ページはこちら

 

 

 

暑い日にはコレッ!超冷酒「特別純米原酒八海山」

2021622194555.JPG

 新潟市も日中はだいぶ暑く感じる日が多くなってきました。

そんな日中の暑さで疲れた体を癒すにはこのお酒はいかがでしょうか。

キンキンに冷やして旨い酒、「特別純米原酒八海山」

マイナス温度で飲む口当たりは爽快です。(マイナス13度位までは凍りません)

もともとはこのマイナス温度帯で飲むことを想定して造ったお酒です!

冷蔵庫で冷たくなっているこのお酒を徳利に入れて冷凍庫で約1時間30分、お猪口も一緒に冷凍庫で冷やします。

そのお酒をお猪口に注ぐときに少し上から落差をつけて注ぐと衝撃で薄っすらと氷の結晶ができます。

ともするとシャーベット状になりますが、それで頂くのもこれまたウマイです!

また徳利の外側の水滴が霜になり、見た目もヒンヤリ度アップ!

暑い日には是非一度お試しください!

商品購入ページはこちら