ホーム>越後の地酒屋ブログ>2020年9月

2020年9月

鶴齢より臨時販売のお酒「YUKIOTOKO SakeYell」入荷!

202092318912.JPGのサムネイル画像

 鶴齢の青木酒造さんより今回限りの臨時販売商品が届きました。

このお酒は本来数年先に向けて長期貯蔵酒として「鶴齢の雪室」で熟成させてから出荷する予定のお酒ですが、この度特別にその一部をブレンドして出荷することになったお酒です。

コロナ渦で生活が制約される毎日に、このお酒で少しでも豊かなひと時を過ごしていただき、次へ踏み出すエネルギーになることを願い青木酒造さんが「上質なものをリーズナブルに」という企画で特別に出荷されることになりました。

パストライザー火入れによる清涼感ある香り、雪室熟成によるまろやかさと口の中にフワッと広がるほのかな甘み、そして口当たり優しく柔らかい酸を感じ、フレッシュさと深みある旨味が調和した印象のお酒です!

是非、このお酒で楽しんで皆さんの英気を養って頂くことができれば幸いです!

商品購入ページはこちら

 

 

9月9日は「ひやおろしの日」鶴齢特別純米ひやおろし入荷です!

20209819174.jpg

9月9日は「ひやおろしの日」

冬季から春先にかけて仕込まれた新酒を蔵で貯蔵し、熟成が頃よくなったこの時期に出荷になるお酒を「ひやおろし」または「秋あがり」といい、新酒の頃とは一味違うまろやかな味わいが楽しめます。

「ひやおろし」の解禁日としてこの日が推進されていますが、季節の先取りや販売促進の準備期間があるためにこの日の前に発売されている「ひやおろし」もありますが、せっかくの季節感あるこの日より改めて「ひやおろし」のお酒を楽しみませんか?

新潟県塩沢の蔵元青木酒造さんより「鶴齢特別純米ひやおろし」が届きました。

酒米「山田錦」を精米歩合55%で仕込み、瓶詰め後に火入れを行うパストライザーを使用して鶴齢の雪室で低温熟成されてから出荷となる「ひやおろし」です。

山田錦ならではの芳醇で、熟成の時を経たうま味ある酒質はこれからの秋の食材にピッタリです。

まだ残暑が続きますが、これから徐々に涼しくなり秋の夜長を楽しめる趣のある季節と共に、是非このお酒をお楽しみください。

商品購入ページはこちら

 

 

初登場!「久保田千寿秋あがり」の入荷です。

202093182130.jpg

9月に入り、そろそろ酒蔵から「ひやおろし」が出荷される季節となりました。

そしてこの度朝日酒造より、季節販売商品としては初登場となる「久保田千寿あきあがり」が入荷しました。

冬に仕込んだ久保田千寿の原酒を秋までじっくり熟成させることで季節限定の美味しさが生まれました。

搾りたての生原酒ならではのしっかりとした味わいが、火入れ後酒蔵でゆっくりと熟成期間を経ることでまろやかな味わいに…

熟成の時を経たこの季節の「久保田千寿秋あがり」を是非お楽しみください。

商品購入ページはこちら