ホーム>越後の地酒屋ブログ>2017年10月

2017年10月

限定商品「久保田純米大吟醸」入荷しました。

20171019105211.png

 今年の6月に次世代に向けた新しい味わいとして誕生した「久保田純米大吟醸」

6月と10月の年2回のみ蔵元数量出荷となる商品ですが、初回入荷分は好評の中、当店では1ヵ月半ほどで完売いたしました。

リピートのご要望も多く、お客様には大変お待たせしてご迷惑をお掛けいたしましたが、10月限定出荷分が入荷しました!

洋ナシ、メロンを思わせる華やかな香りと、甘みと酸味が見事に調和した上品な味わい。

そして久保田の血統を受け継ぐ、雑味を抑えた滑らかな後味のキレを兼ね備えた純米大吟醸です。

この度も数量限定入荷です。次回は来年6月まで入荷がございませんのでお求めはお早めにお願いできれば幸いです。

 

各デラックスカートン入り 1.8L税込3,672円 720ml税込1,696円

商品紹介ページはこちら

尚、久保田商品は蔵本の意向もありHPでのカートを付けた販売はしておりません。

ご面倒をおかけしますが、ご注文、お問い合わせはお電話またはメールにてお願い申し上げます。

電話 025-222-6768  メール info@sake-ikenori.com

 

麒麟山「紅葉 金」ペントアワード2017飲料部門最高賞受賞

201710716353.jpg

 本日の地元新聞、新潟日報掲載記事から。

新潟県阿賀町の地酒、麒麟山の「紅葉 金」が優れたパッケージデザインを表彰する国際コンペ、「ペントアワード2017」で飲料部門最高賞受賞!

この賞は世界で活躍するデザイナーらが飲料、食品、化粧品など部門ごとに毎年審査。17年はそうエントリー数2013点、飲料部門は部門最多の604点の中から「紅葉 金」がトップに表彰されました。

新潟市中央区のデザイン事務所「フレーム」の石川竜太さんデザインによる受賞。

新潟の商品が新潟の方のデザインにより世界的に評価された誇らしい受賞に称賛を送ります。

実際当店の中央にもデザイン瓶を飾っていますが、お客様の注目度も高いです。

当店「紅葉 金」の在庫も720mlのみ僅か2本になりました。

お求めの方はお早めにどうぞ。

商品紹介ページはこちら

2017107161420.JPG

 

今夜の晩酌日記「越乃寒梅 特別本醸造亀田郷大江山産2017」編

今夜の晩酌はコレ!

201710311931.JPG

先月29日に発売になった限定酒、「越乃寒梅特別本醸造亀田郷大江山産2017」

越乃寒梅の地元亀田郷大江山地区の農家らと石本酒造が酒米栽培研究会を発足してそこで収穫された酒米「五百万石」で造ったお酒です。

まだ、酒米の収穫量が少ないことから数量、販売地区も限定で越乃寒梅地元の江南区、そして中央区と東区の3地区のみで販売の特別なお酒。昨年は普通酒で造られましたが今年はグレードアップして特別本醸造で造られました。

さて、まずは当店の冷蔵庫から持ってきたばかりなので冷酒で味わってみます。

2017103111058.JPG

香りは落ち着いた香りで、酒米の特徴が現れています。味わいは越乃寒梅らしいスッキリとした淡麗辛口、非常に飲みやすく後味のキレが冴えています。

冷酒も飲みやすくていいのですが、私的には少し温めた方がこのお酒には向いているのでは…

と思い、ひと肌からヌル燗位に湯煎で温めてみました。

2017103111256.JPG

冷酒に比べて酒が柔らかくなり、旨みも増します。香りも落ち着いたお酒なので燗にしても鼻につかなく味わい深くなりますね。

そして時間がたち冷酒から少し常温に近くなった酒も味わいましたがコレもいい。

やはりあまり冷やしすぎない方が味わい深くなり、このお酒には向いていると思います。

そして今夜の肴は「のっぺ」正式には「のっぺい汁」でしょうか。新潟ではのっぺと言いますね。

正月には欠かせない郷土料理です。

2017103111451.jpg

やはり地酒と郷土料理はよく合いますね。

では、まったりと晩酌を楽しみます。

商品紹介ページはこちら