ホーム>越後の地酒屋ブログ>新潟の地酒、価格変更について
越後の地酒屋ブログ

新潟の地酒、価格変更について

 今年2月から新潟の地酒では麒麟山、朝日酒造、吉乃川酒造等が商品にもよりますが約5%値上げになりました。
また、3月には八海山、4月から越乃寒梅が価格変更になります。
 
要因は原料米、資材、燃料費などの高騰によるものです。
 
これら原料、資材等の高騰は近年に始まったものではなく、かなり以前から少しずつ酒蔵の経営を圧迫していました。
 
しかし、ほとんどの蔵元はできるだけ多くのお客様に末永く地酒を楽しんで頂きたいという想いもあり、コスト削減に努め約17年間価格を据え置いてきました。
(消費税等、増税による総額表示価格変更を除く)
 
ですが最近の急激な為替変動などもあり、これ以上品質を維持、向上させていく上での価格維持には無理が生じるためやむを得ない決断のようです。
 
新潟の地酒は大手のナショナルブランドから比べると価格はやや高めです。
ですが、そのコストの大半を品質向上のためにつぎ込みます。
近年では地域の自然維持のための環境保全や、農家と共同で良質な酒米栽培に取り組む蔵元など、更なる酒質向上を目指し様々な取り組みを行う酒蔵も増えています。
 
これからも新潟の酒蔵が、よりおいしい新潟の地酒を醸し、そのお酒を皆様に存分に楽しんで頂くために、どうかこの度の価格変更についてご理解頂けますよう、お願い申し上げます。