ホーム>越後の地酒屋ブログ>2017年12月

2017年12月

ぽたりぽたりきりんざん

20171211194940.jpg

  蔵本のある地元産の米を原料として、その土地に影響を受けた水をたっぷりと使い、その土地の気候、その土地の蔵人によって造られる酒。そしてその土地の人たちが日々の生活の一部として慣れ親しみ飲んで頂ける酒でありたい。

麒麟山酒造の地酒蔵としてのこだわりの思いがあります。

今年も麒麟山酒蔵から新酒しぼりたて生酒「ぽたりぽたりきりんざん」が入荷し、好評発売中です!

毎年、麒麟山酒蔵の社員総出で酒米「五百万石」の稲刈りをして、思いを込められて醸される純米吟醸しぼりたて生原酒です。

今年の出来栄えを是非味わってみていただきたい逸品です。

 

商品紹介ページはこちら

 

八海山新酒しぼりたて純米吟醸生原酒「越後で候赤ラベル」入荷!

2017124182241.jpgのサムネイル画像

いよいよ師走に入り今年も最後の月となりました。

一年を通して一番慌ただしさを感じる今月でもありますね。

今年の秋は短く感じ、寒さの訪れも早かったように思います。

予報でも例年に比べて雪も多いようで、寒さも厳しい冬になるのでしょうか…

新潟県の酒造りは寒造りといわれ、この気温が低くなる時期から本格化してきます。

造りたての新酒も多くなる頃です。

八海山からは、新酒しぼりたて生の「越後て候青ラベル」が先月入荷しましたが、今月に入り「越後で候赤ラベル」が入荷しました!

長期低温発酵で丁寧に仕込まれた純米吟醸の新酒、しぼりたて生原酒です。

新酒しぼりたての特徴、フレッシュで荒々しい中にも純米ならではの旨味と柔らかさを感じるお酒です。

アルコール度数も原酒では控えめの17度。

度数の強さを感じさせない洗練された味わいをこの時期に是非お楽しみください!

商品紹介ページはこちら