ホーム>越後の地酒屋ブログ>2017年8月

2017年8月

「鶴齢特別純米ひやおろし」入荷しました!

2017829162647.jpg

 まだ残暑も続き日中は蒸し暑い日が多いですが、朝晩は大分涼しくなりました。

8月ももうすく終わり、9月になると涼しく心地よい日が多くなることでしょう。

そんな折、早くも「鶴齢」の青木酒造より「ひやおろし」が入荷しました。

酒米「山田錦」で醸した鶴齢特別純米ひやおろし。

「ひやおろし」とは、酒蔵で寒季に仕込まれ搾られたお酒を一次火入れをしてから貯蔵してひと夏を越し、外気温と蔵の温度が同じくらいになる頃、お酒は程よく熟成し円熟味を増します。それを熟成の風味をのこすために二次火入れをせずに生詰めで出荷されるお酒のことを言い、この時期になると昔から酒通の人達が心待ちにしていたお酒です。

酒造好適米「山田錦」を100%原料として精米歩合55%で醸した特別純米酒の原酒を仕込水で加水し、一次火入れのみ行い貯蔵。

そして生詰めで出荷を迎えたお酒、鶴齢特別純米ひやおろし。

山田錦ならではの香り高く芳醇な味わいが、熟成期間を経て夏を越えたことでとてもまろやかに仕上がっています。

この季節ならではのお酒を是非お楽しみください!

商品紹介ページはこちら

 

麒麟山「秋酒」入荷しました!

2017824181442.jpg

今年の夏は、特に8月の天候は不安定な日が多く、そしてまだ蒸し暑い日が続くようです。

でもあと数日で8月も終わり、9月になれば徐々に秋めいてくるのでしょう。

 

麒麟山酒蔵より季節の巡りに合わせたお酒、四季シリーズより麒麟山「秋酒」が入荷しました。

丸みあるやわらかな口当たりと、豊かな味わいが広がる純米酒です。

香り控えめで、あとには心地よいお米のうま味があり、実り豊かな「食の秋」にぴったりなお酒です。

四季折々に毎年デザインも変わる麒麟山四季シリーズ。

今年の秋酒のラベルは、麒麟山がモチーフでもある紅葉が色とりどりに舞う中に愛嬌ある小鹿がたたずむデザイン。

豊穣の秋の食卓によく映える佇まいの純米酒です。

この秋限定のお酒を是非お楽しみください!

商品紹介ページはこちら

 

新潟ワインコースト

お盆休み最終日、新潟市角田浜の新潟ワインコーストへ。

カーブドッチをはじめとする5軒のワイナリーが集まるワイン産地となり、温泉ヴィネスパや宿泊施設もある観光地となっています。

以前、休日ドライブの帰りに寄り道したことはあるのですが、もちろんワイン試飲などもできず一度ゆっくり来てみたいと思っていました。

今日は短大時代からの友人先輩夫婦と新潟駅で待ち合わせ、電車で内野駅へ。

そこからバスに乗り換え、新潟ワインコーストへ。

201781520268.JPG

越後線、吉田行きの電車で内野駅へ

2017815202627.JPG

内野駅からカーブドッチまでこのバスで

 到着後、昼食のレストラン薪小屋でのランチ予約時間まで30分ほど時間があったので少しの時間カーブドッチでワインの試飲。

2017815203423.JPG

心地よい樽の香りとシャルドネなのに

意外なほど柔らかい味わい!

2017815203620.JPG

セーベル赤、品種ブレンドですが私の中では絶賛!

 その後レストラン自慢の自家製ソーセージコースと地ビールをゆっくりと堪能しました。

2017815203927.JPG
2017815204018.JPG

そして温泉施設ヴィネスパで体をほぐし、醸造所のフェルミエ、カンティーナ・ジオセット、ルクサンクワイナリー、ドメーヌ・ショウとすべてのワイナリーを回ってゆっくりとワイン試飲も楽しみ、若干の地ビールやワインを買って帰路につきました。

2017815204253.JPG

フェルミエ葡萄畑前で奥さん

2017815204313.JPG

角田山を背景にカンティーナ・ジオセットのブドウ畑

 公共機関を使うと、夕方までゆっくりと楽しめる素晴らしい観光コースです。

風景も葡萄畑と角田山がよく似合い、おしゃれなワイン産地としての風情も楽しめます。

県外客も多く、人気スポットになっていることも納得できますね。

またワイン造りに夢をかけこの地に移り、試飲をさせて頂きながら活き活きと話されるオーナーの方もとても素敵でした。

機会があれば、是非皆さんも行ってみてください!