ホーム>越後の地酒屋ブログ>2015年2月

2015年2月

もうすぐ「にいがた酒の陣」開幕!

201522815144.jpg

もう、2月も最後の日になりました。

やはり28日までだと早く感じるものですよね。

でも3月を迎えると、もうすぐ新潟地酒のビッグイベント「にいがた酒の陣」が開幕、楽しみです。

今年は3月14、15日。

毎年2日間開催で越乃寒梅、雪中梅などをはじめ新潟の約90の酒蔵の地酒500種類以上が出品され試飲ができます。

(試飲チケット当日2,500円、前売り2,000円、入場のみは無料)

昨年の入場者数は2日間で99,825名、新潟県ではもちろん最大、全国でもおそらく最大規模の地酒のイベントではないでしょうか。

地元はもちろん、県外からもたくさんの新潟地酒ファンが訪れ、年々人気が高まり混雑もしますが、でも各蔵元の自慢の大吟醸等、普段なかなか味わえない高級酒を試飲できる機会はめったにありません。

もっともこのイベントはドイツ、ミュンヘンのビールの祭典オクトーバーフェストをモデルとして始まりました。だから混雑してもいいんです!お祭りですからhappy02

ひととおり試飲が終わったら地酒を購入して屋台の料理をつまみに一杯bottleみんなでワイワイ楽しみましょう!

私も15日の日曜日に行きまーす!

(当店でも前売りチケットを3月10日頃まで購入できます。)

 

季節限定、越州桜日和の入荷です。

2015221173158.JPG

 2月も残りあと数日。来月下旬になるといよいよ桜の開花も始まってきますね。

3月にかけての気温は寒暖の波はあるものの、平均すると気温は平年並みか少し高くなるそうです。

少しずつですが春が近づいています。

春のお酒、越州の季節限定吟醸酒「越州 桜日和」が入荷しました。

低アルコール13度、華やかな吟醸香とほんのり甘い口当たりの春らしい爽やかな吟醸酒。

一足先に春を感じさせるお酒の入荷です。

商品ページはこちら。

 

春のお酒の入荷です!

2015217182125.JPG

2月も中旬になり、ひな祭りももうすぐです。

当店にもかわいい「豆雛」が登場しました。小さいながらも一応七段飾りですwink

さて、先日もブログで予告しておりましたが、少しずつ春に向かいながら季節を感じさせるお酒が入荷しました。

吉乃川 新酒本醸造六段仕込み 1.8L 2,160円 720ml 972円

平成26年度産米を用いて醸した新酒の本醸造。

日本酒の仕込み工程は従来三段に分けて行いますが、さらに手間をかけ六段に分けて仕込む事でよりフレッシュかつ芳醇な風味に仕上がっています。

春を思わせるほのかな甘口のお酒の入荷です。 

 商品ページはこちら

 

少しずつ春に向かって...

 1月、2月頃の新潟市はどんよりとした灰色の雲の天気が続きます。でもここ2日ほど比較的心地よい気候になり、今日も青空快晴とまではなりませんが、少し太陽ものぞく天気になりました。

新潟の酒蔵は寒造りと言って、この気温の低い季節を利用し今が造りの最盛期を迎えています。

(そんな関わりもあるのか、当店の取り扱いでも越乃寒梅や雪中梅等、新潟清酒は冬を連想させる銘柄もいくつかあります。)

でも今日の天気を見ていると、少しずつ春に向かっているのかなという気がしますね。

 

そしてもうすぐですが、春を連想させる季節限定のお酒が入荷します。

朝日酒造の越州の吟醸酒「越州桜日和」

吉乃川酒造から「吉乃川六段仕込み」

どちらもほのかに甘く、味わいも春を思わせるお酒です。

入荷しましたら、またお知らせしたいと思いますのでお楽しみに。

201527181437.JPG